社会人は読書をすべき!読書を勧める理由とおすすめの読み方を解説

本を持つ人の様子 勉強

こんにちは、tsukinoです。

みなさんは月にどれくらい本を読みますか?最近は本を読まずに、スマーフォンばかりかまっている人が目立ちますよね。

私自身、年間100冊ほど読書します。そこで今回は、そんな読書家の私が読書を勧める理由とおすすめの読書法について解説します。

読書を勧める理由とは?

まずは、読書を勧める理由について紹介します。

読書は最も安くて簡単な自己投資

読書は最も安くて簡単な自己投資です。有名な経営者やビジネス系のインフルエンサーが口をそろえて言っています。私も同意見です。

私の尊敬する島田精一さんは、「読書は人間形成を加速する」と語っています。一流といわれる経営者の方は全員、読書家であるといっても過言ではありません。

自己投資をする際、1回数万円のセミナーに出かけるのも良いですが、まずは読書から始めてみませんか?1冊1,500円程度なので、飲み会を1回断れば十分に投資できるはず。

自分の価値観や思考に、大きな影響を受けるような本に出会った時の感動は素晴らしいものですよ。

おすすめの読書法

読書をしている女性

ここからは年間100冊以上の本を読む読書家の私が、普段から実践している読書法について紹介します。

読破しないこと

買ってきた本がもったいないからといって、完読することはやめましょう。私自身、完読しようとする気持ちは1ミリもありません。「興味がわかないな」「難しくて読めない」と感じたら、すぐにその本を手放します。

本(ビジネス書や実用書など)を読む目的は「読破する」ことではなく、「自分にとって必要な知識を吸収する」ことですよね。自分の気に入ったことを3つくらい習得できたら、それでOKです。

折り目やマーカーペンをつける

本は汚く読んだ方がいいです。いいなと思ったページに折り目をつけたり、心に響いた文章はマーカーで印をつけます。

また、その時思った自分の意見を、直接その場で本に書き込みます。そうすれば、内容を思い出しやすくなりますよ。

フリマで高く売ったり、買取業者に高く買い取ってもらうために、なるべく汚さずに本を読みたい気持ちはわかります。それでも私は、本は汚く読むことをおすすめします。

まとめ

読書には、脳を活性化させ、人生を豊かにしてくれる効果があります。

さらに、読書が与えてくれるものは、情報や知識ばかりではありません。時には娯楽として心を楽しませ、時に生き方のヒントをくれる地図として導いてもくれます。

読書が苦手という方も、最近ではオーディオブックなど、より手軽に本を楽しめる手段があるので、試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました